【後編】 年末ひとり旅。

京都の伏見稲荷神社にやってきましたーーっ!!

 

...じゃないですよ、出石ひとり旅の続きです。

この伏見稲荷神社を連想させる写真ですが、出石城跡の中にある、稲荷神社です。

京都の伏見以外にもこんなところあるんだ...

この写真はずらりと並ぶ鳥居の中間付近で撮ったものなので、実際はこの倍以上の長さ、続いています。

こんなにも鳥居が並んでいると、スピリチュアルな気分になります。ん、スピリチュアルってなんだろう。

しかし実はこの鳥居、戦後になってから建てられたもので、筑60年未満。

近くでじーっとよく見ると、コンクリート製であることも分かります。

ですが、それに気付かず帰られる方も多いようです。いや、気付かないほうが、なんだか良かったかも。。

出石城跡。意外にも、見どころがたくさんありました。

 

 

暗くなってきたので、この日はこれにて退散。

夜はお偉いさんと会席料理を食べるだけの簡単なお仕事!!

だったのでカットして、翌日へ飛びます(真顔)。

 

 

朝だー

 

田舎だー

 

わーーーー

 

というわけで、朝です。

2日目は出石史料館へ行ってきました。

あ...やばい。こういう日本家屋(ちなみに祖父の家に酷似していた)大好き。しかも観光地と打って変わって誰も居ません。

はあ...落ち着く...

このような日本家屋、現在ではどんどん取り壊されていて、今では珍しいものになりつつあります。

感慨深い。。

半世紀前までは、こういうのが当たり前だったんですよね。

階段の下の空間が全部収納になってる!! 昔の日本人の知恵。

だいぶん傷んでますが、よく見ると瓦は新調してありますね。

テレビ発見!!

ナショ文字だっ!Nマーク表記ですから、古くて1950年代でしょうか。金色のNマークを見たのは初めてです。

 

PanasonicでもNational でも松下電器でもなく、独特のフォント(通称:ナショ文字)で書かれたマーク(Nマーク)。

 

...と興奮しているとお昼になっていたので、再びお蕎麦屋さんへごー!

正面の写真を撮り忘れたのが残念ですが、今回お邪魔したのは、「田中屋」さんです。

なんとミシュランガイドに掲載されているとか。

昨日の天通さんに比べて鰹の香りがつゆによく出ていて、風味豊かな美味しさ。

逆に、麺のしっかり感は、昨日の天通さんの方が良かったかも。

 

これぞまさに、「甲乙つけがたい」状態ですね。この辺は個人の好みによるかも。

 

うーん。どちらも美味しかった!!!

 

この後、少し用事を済ませて帰路につきました。

再び来ました、JR八鹿駅。帰りは福知山線でした。

 

 

電車全然わからないのですが、この辺はどうやらディーゼル車みたいです。

写真の車両は「ワンマン列車」って貼ってありました。

 

いやあ、列車の旅、楽しかったです。出石町、興味ある方は是非、行ってみてはどうでしょう!

城崎、和田山方面など、まだまだ行ってないところもあるので、いつか行ってみたいなあ。

兵庫県、北部も魅力たっぷりなことが分かった2日間でした。

 

 

 

 

 

当サイトの写真を含む著作物の無断転載、コピー等行為はご遠慮くださいね!