新入り君。

こんにちは!!!

最近採譜がまったく進んでいないsi-soundsです。(ブログ書いてる暇あったら楽譜書けよとか言わない)

 

あ、このハムスター画像に特に大きな意味はありません。

 

 

かわいいですよね、ハムスター。(なんの話)

 

 

さて今回のお話は

 

今まで採譜やらDTMやらで数年間使っていたヘッドホン(左)、ついに卒業!というお話です。

 

耳コピ採譜からDAWまで、基本的に音楽活動すべて、このヘッドホンと一緒でした。ありがとう。

さぞお高いモニタリングヘッドホンかな...という期待を裏切る、驚きの900円でした。ゲオで買いました、はい。

 

特にオーテクサウンドが好きなわけでもないのですが、よく見るとオーテクでした。(いや、900円にオーテクも何も)

はい!

そんな筆者が今回購入したのは[SHURE SE215]でございます。

言わずと知れた入門機&名機ですね。前から欲しかったんです。。

一度聴いてみたいと思ってました。

正規販売代理店さんでの購入です。

完実電気さんの保証書付。

一時期は1万円切ってたんですが、為替の影響で昨年あたりから5桁台に。

hf5とかもあって迷ったんですが、今回は装着感を優先しました。

開封。

電化製品の開封の瞬間って最高に楽しいですよね。

オーディオ関係は正直初心者ですが

2日間くらい鳴らしてみた感想、です。

 

「今まで聴こえなかった音が聴こえる!!」

 

というのが第一印象。

楽器ひとつひとつの音が、きちんと聴こえるというか。

決してクリアという意味ではないのですが、なんでしょう。耳にすっと入ってきます。とても馴染みやすい音だな、と感じました。耳に刺さってこない。あと装着感最高です。

しばらく、モニター用として愛用していきたいと思います。採譜もやりやすくなってくれないかなー、と期待。

その辺はまた後日レビューしますね。とりあえずShure掛けに慣れなきゃ...

 

というわけで、新入りさんのご紹介でした。